エアコンクリーニングの道具

家庭でエアコンクリーニングに使用する道具はどうしても特別なものではありません。
100均などで購入できる道具もあります。
つまり、エアコンクリーニングは道具が重要ではなく、方法が重要と言うことだ。
具体的な道具を説明行う。
まずは洗浄のための洗剤だ。
洗剤を内部の埃が溜まっておる部分にかけますが、スプレー式で奥まで伝わるタイプがいいでしょう。
日曜大工店などに行けば、エアコンクリーニング専用の洗剤が販売されています。
メールオーダーサイトなどでも気軽に購入できますから、調べてみるといいでしょう。
やはり、エアコンクリーニング専用である必要はありません。
汚れが落ちる洗剤なら、台所用やトイレ用も使用できるでしょう。
重要なのは汚れを落とした後、きれいに落とすことです。
洗剤が汚れと共にこびりついてしまってはエアコンクリーニングになりません。
汚れととともに下に流行り落す方法が良識だからだ。
さて、汚れ落としの洗剤は購入できたとして、後はブラシだ。
歯ブラシのように細かくて、長い柄のついたブラシがおすすめです。
専門業者ならエアコンをばらしてクリーニングするため、大きなブラシを使うこともできますが、素人が吊り上げるのですから、行き着く範囲が限界でしょう。
そして、重要なのは養生だ。
エアコンから出てきた汚らしい水を捉えるビニールとバケツだ。
もちろん、特別なものではありませんが、確実に行なっておかないと床に汚れが移ってしまう。
幅広いビニールとバケツを準備します。
ビニールはエアコンの外側を囲むようにテープで張り付けて下さい。
そして、バケツに群がるように行う。
インターネットで検索すると養生の仕方が写真付きで解説されているサイトもあります。
エアコンクリーニング用洗剤と養生用のビニールがセットになっている商品もありますから、一度に購入すれば安く済むでしょう。
これだけの道具でいいのですが、エアコンクリーニングは作業が大変です。
専門業者に依頼すると10000円前後が請求されますが、その作業は労働に対する対価として下さい。
自分でやることもできますが、早朝で1台が初めてでしょう。
その上、慣れない仕事で肩こりや筋肉痛で数日は鬱陶しいはずです。参照サイト