LINEのやりとり

近年、電話、メールよりも人とのやり取りをするのが当たり前となったツール「LINE」。
LINEは婚活中の男女にとっても大切なアイテムだ。
婚活中、パーティや紹介などで知り合う機会があり、漸くLINEの交換に成功したけれど、実に女性の返事が返って欠ける。
随時帰ってきたとしても女性の返事がさんざっぱら遅いと不安になる男性も多いようです。
わずか数日女性の返事が幾らか鈍いだけで不安になって仕舞うあなた、勝手に延々と考えて先走ってお断りやるなんて早まったことはしないで下さい。
LINEの返事がのろいのには、十人十色様々な理由が考えられます。
もちろんあなたに興味がないとか、嫌いになったから既読スルーなることもありますが、他にも各種事情があります。

まずはLINEに関してですが、LINEを返信するタイミングは十人十色考え方が違うのだということを頭に置いておいてください。
「既読したらすぐに返事を引き戻すのが普通です」とか、「こちらに関心を持ってくれていれば間もなく返事をするだろう」とか、「返事がのろいのは興味を持ってくれていないからです」などと勝手に考えて判断しないようにください。
メールのやりとりに関しても同じですが、メール、LINEをする頻度にはさんざっぱら個人差があります。
見たらすぐに返事をする人もいれば、見極めるだけ見て他ごとを通してあとからのほほん返事をしようと講じる人もいます。
よく内容を考えて誠に返事をするか言葉を必死に選んで掛かる人もいるかもしれません。
一般的にLINEの返事は長時間以内には返す人が多いようですが、中には常にたちまち返事が返ってくる人、逆にすごく長くかけてやっと1つの返事が返ってくる人、様々です。
LINEのやりとりに重きを置いて要る人、後回しにして他ごとを優先する人、時間の使い方、モラルは人さまざまだからだ。

婚活中は、幾らか連絡がとれなかったり、自分が何かLINEのメッセージを送ってそれに対してほとんど返事がなかったりすると、「何か悪いことを言ってしまったのだろうか」と不安になることも多々あります。
しかし考えすぎないで下さい。
ただ、その人なりのLINEのペースというものがあるのかもしれません。

この場合は相手のペースにいくぶん近づけてやるといいでしょう。
理想としても、相手が返信した時間の半分くらいにあなたが返信することです。
例えば、女性の返事が3時間後に帰ってきたのであれば、あなたは1時間〜1時間半くらいのペースで立て直すようにするのです。
やはりすぐに返事を求められているような内容ならばそのときは早くてもいいと思います。
LINEのやりとりのペースが鈍い女性に対して、男性側が始終5分とか10分で返事をしていると、相手の女性はペースが合わなくて「お断り」とか「ねちっこい」という風に思ってしまうかもしれません。
こちらが毎回あまりにも返事を速く戻すと、女性側からすると返事を催促されているように思ってしまう。
まずは相手のペースによって見ること、それが大切だと思います。参考サイト