「ママ友が恐い」何となくママ友というと恐ろしいイメージやいじめられるんじゃないかと不安になりませんか?
ママ友が怖いなんてありえない!楽しいじゃん!とママ友ライフを成功させて掛かるママも沢山いるけど、みんながみんなそうじゃない。

思い出して下さい。
中学生くらいの時も、こうやって女の友情で困りませんでしたか。
部活の友だちとのいざこざ、クラスの仲良しグループ、いじめ、不登校・・・いわば10代の頃と変わらないような悩みを持つって悲しいような気もします。
でも、ママ友はおそろしいだけじゃあありません。
ママ友を作らず(作れず)孤立しているほうがずいぶん恐ろしいと思います。
クラスでもおる一匹狼。
学生の時は自分のことだから独りぼっちでもぼっちでもなんでもよかったのかもしれません。
だけどママ友ワールドは子どもあっての脈絡。
自分から孤立していくようでは、自分の子供にも照れくさい思いをさせたり、不安にさせてしまうと思います。
「仲良くする」のバランスが苦しいから、ママ友が恐ろしいとなってしまうのでしょう。
子供が幼稚園ならまだしも学校へ行っても集団になりたがる親、出身の幼稚園や保育園同士で固まったりすると感じがひどくみられてしまう。
小学校はたくさんの幼稚園、保育園から入学してきます。
中には引っ越しなどで自ら新しい環境へ飛び込んで生じる親もいます。
そんな時に派閥が出来てしまっていたら・・・再び大人なので、こういう様々な立場の感情を考えられるような行動を取りたいものですよね。

ママ友ライフに絶対的気がかりを加えるのが「ライン依存」だ。
グループでのチャットなど、他の人には見えないところでつるむ、クラスの連絡網と称し強制的な参加も重苦しく思える場合があります。
参加すらしたくないという気持ちもありますが、もしも参加しなければならなくなった場合は、依存せず、うまいことかわしながら泳いで出向く術も持っていたほうがいいですね。
いずれにしても「流されない」が大事です。
一緒になっておかしなやりとりをしてしまうのはもちろんのこと、不快雰囲気で要るところを目撃してしまった、悪口のラインが来たなどマイナスな出来事があっても、それに流されて不安定な感情になるのではなく飽くまで冷静に対応するためかしこく凌げると思います。http://morvand.org/