Xホースネオの特徴

Xホースネオを知っていますか。
水撒きの時に自分での伸び縮みする不思議なホースだ。
やはり、これには内部の構造が関係しており、水圧をかけるためホース内部のゴムが遅れる仕組みだ。
Xホースネオは新作だ。
同じホースは各種メーカーが販売してあり、どれもおんなじ仕組みを利用してある。
ただ、Xホースネオだけは内部が3層構造になっており、一番性能面では優れていると考えられます。
とても、伸び縮みやるホースの仕組みを説明ください。
内部の水が受かる部分はゴムでできてあり、水圧によって膨らみます。
そして、外側には蛇腹状に編み込んです繊維できたカバーが取り付けられてある。
外側の長さの分だけホースは生えることになり、水圧がかからなくなると自動的に元の形に戻ります。
これが伸び縮み講じるホースの仕掛けだ。
ここで重要なことはXホースネオが3層構造になっている点だ。
外側と内側の2層だけでも伸び縮み講じるホースは完成します。
あと一つの層は二つの層の間にあり、ポリエチレンでできてある。
2層だけのホースの欠点を改善しているのです。
これまでの伸び縮み始めるホースの欠点は何でしょうか。
それは耐久性に問題があることです。
ゴムは水圧によって、つぎつぎ外側に広がろうと決める。
これを抑え込んで、生じるようにするのが外側の繊維だ。
こういう繊維の耐久性が製品全体の耐久性につながっている。
伸び縮みする時に地面を擦り付けることになりますから、それを増やすことによってだんだんと摩耗していきます。
いずれは破れてしまうのです。
破れからゴムが飛びだし、ゴム部分も破れてしまいます。
水を出そうとすると、水漏れ状態となってしまい、使い物にならないでしょう。
これが大きな欠点でした。
当然、使い方に注意しておけば、長く使い続けることができます。
しかし、水をもたらすだけで伸びて、水を止めるとおのずと小さくなり、ホースを巻き採り入れる手間がいらない点が大きなセー講じるポイントの商品だ。
それを犠牲にしなければならないなら、購入したいと思わなくなるでしょう。
こういう耐久性を改善しているのが3層構造のXホースネオだ。
メールオーダーサイトで気軽に購入できますから、チェックしてみてください。引用